太陽光発電を活用

産業向け電力供給者について

電力は様々な産業で、エネルギー源として重要です。そのための電力調達は、事業の継続費用として大きな部分を占めているので、これを削減することができれば、継続費用の節約としても、大きな効果を期待することができます。 一方で、太陽光発電については、火力や水力発電に比べて、大規模な設備を必要としないので、その分割安で電力を供給することができます。もちろん、産業用として供給する場合には、家庭用にも増して、その安定性が求められることはいうまでもありません。 このような、産業用の太陽光発電事業者としては、既存の電力供給事業者ももちろんありますが、太陽光発電に特化して、新たに参入してきた事業者も少なくはありません。

電力供給のあり方について

電力供給は、それ自体が事業上のサービスの本体ですが、現在では、使用量に基づいた、単なる従量制にとどまるものではありません。 産業用の電力使用においては、使用量は大きなものですが、使用する時間帯や時期が明確に設定されています。大手の電力供給者では、太陽光発電でも安定した供給が期待できますが、時間帯や時期を限定すれば、中小規模のものでも、十分産業用として活用が可能です。中小規模の供給者であっても、特定の使用者に集中して供給することで、安定した電力供給を実現できるからです。 そこで、大手の供給者との契約と、中小規模の事業者との集中契約とのメリットとデメリットを比較して、より適切な利用を検討したいものです。